2013.08.15 Thursday 06:15

咳、痰、から咳で声が出ない 自宅でできる。咳を楽に!

 
自宅でできる。咳を楽に!

ここのところ多くはないのです、喉がやられたり咳が出る風邪にやられてしまった方がいます。
咳自体はそれほどつよくないのですが、喉もあまり痛くなく、気管支がやられて 痰がでたり(内に入らずそこで止めている)声がカラ声で出ない状態に なった りするのがこういった風邪でよくみられます。

咳の苦しさの応急処置的なものですが通常の治療と遜色はないものなので、
試してみて下さい。
お灸をやって頂いているのは孔最というツボかと思われますが、悪くないですの で面全体、流すようにマッサージしてみて下さい。肺の経絡の流れ。
他には胸の胸筋の付近から手の親指にかけてさするようにマッサージして頂けれ ばよいと思います。
腋の前の胸筋のつけ根から胸筋外側にかけてが咳の時は脹りやすくなります。
そこから大腿二頭筋の力こぶの出る辺り、ここらあたりも侠白という肺を挟む乳 首の高さくらいになるところにもよく硬結がでます。なるべく上腕二頭 筋のス ジきんにくの細かい繊維の流れをこすって流すようにして筋肉を柔らかくしてあ げて下さい。

また咳は腹筋をよくつかうので腎臓の流れとも関係します。
ふくらはぎの内からうちもも〜鼠径・下腹かけても末端から体幹のほうにかけて 流してあげてみて下さい。
胸では胸骨(胸の中央の骨)と肋骨のつなぎ目の胸の中央よりやや外を胃の両側 あたりから鎖骨にかけて上へ流すようにさすってみて下さい。(腎の経 絡の流れ)

のど(首の回り)も軽くさすって手が抵抗せず擦れる方向にさすってのどやくび すじ、背中の肩甲骨の内側などもさすると本当はいいです。(のどは腎 と深い 関係があります)

あまりに苦しくひどい時にはやむを得ず一時的ですので、
市販の咳止めもいたしかたないかと思います。病院の薬のほうが切れはでやすい ですが。
その分風邪がよくなってから残った薬剤を解毒する。比較的汗が出る季節なので クーラーの中で1日中というわけではなければ薬物も抜けやすいです。

それよりもマイルドな薬の方がいいというときは、漢方の咳止めシロップの
『養陰清肺糖浆』というのが肺や腎を潤す地黄や麦門冬を主体で薄荷で爽やかで 飲みやすく
直接咽喉を潤す感覚もあるのでよく子供さんでも喘息の発作期や日常の補剤とし て一本ほど服用してもいいと思います。
ゼリア製薬ででていて、けっこうドラッグストアでみかけます。
http://www.zeria.co.jp/healthcare/product/name_ya02.html
これは咳のひどい時や肺腎の潤い不足にはおススメです。

その他錠剤等で麦門冬湯というものが肺を潤し咳を鎮めるタイプでマイルドタイプ、
五虎湯という咳自体を止めるという目的が強いタイプです。
どちらもドラッグストアで手に入れられます。 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://kyushindoblog.feel-hariq.com/trackback/23
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.