2012.02.06 Monday 09:30

肺兪 (膀胱経)

肺兪
◆肺兪 (特Aランク) 
 肩甲骨の間の上のほうにある、肺兪(はいゆ)というツボです。
肺兪というくらいですので肺の大事なツボです。咳、喘息、呼吸器系の弱い方、風邪をひきやすい方はおススメです。

 体質的に肺を強くするには、運動などによる心肺能力を鍛えるのがもっともいいのですが、めんどくさい時にはカラオケなどで歌をうたう。大きな声を出す。よくしゃべる。愚痴を吐き出す。乾布摩擦がいいです。
 また東洋医学では、肺は皮膚と密接な関係があるので、皮膚のかゆみや異常、アトピー性皮膚炎などにも使われます。その他肺は鼻と関連しているので、ちくのう症や鼻水・鼻づまり、花粉症などにも使われます。

 肩甲骨の間をさするような刺激で軽くマッサージしてあげましょう。

続きを読む >>

2012.02.03 Friday 22:34

脾兪 (膀胱経)

脾 兪
脾兪



◆脾兪 (特Aランク) 
 脾は五蔵の中心で飲食から気を生みだすところ。

 脾とは胃は親子関係のようなものです。脾が親分で胃が子分と考えてもいいでしょう。
 
食べたり、飲んだりしたあと胃腸が消化吸収し脾に運ばれ脾からエネルギー(気)を生みだすところの(臓)と考えられていました。(現代の脾臓ではなく、膵臓の方を脾臓と捉えていたといわれています)

 胃腸の調子が悪い時などは背骨の中心にある脊中(せきちゅう)というツボの外側にあるこの脾兪を中心に上下のツボを選ぶといいと思います。足三里のツボやその下の胃の流れ(胃経)も同時にマッサージしてあげるとさらに効果が上がります。

詳しい場所はこちら→hariq.com/tsubo/07bokoukei/BL20hiyu.html
続きを読む >>

2012.02.02 Thursday 11:01

腎兪 (膀胱経)

 

◆腎兪 (特Aランク)
 腰痛 冷え症 からだのだるさ 慢性疲労 泌尿器系 婦人科系 
からだの根本の腎の気を増す元気ツボです!
糖尿病や夜間にトイレが近い、呼吸器系のもの咳、喘息などにもいいです。
 漢方薬では八味地黄丸、六味地黄丸など。
足の三里と併用すれば、滋養強壮のツボとしても有名でちょっとずつ続けて行うと元気なからだを保てる万能ツボ。
 たまにでもいいですので、毎日マッサージやお灸を(☆o☆)


<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.